さまざまな葬儀スタイル

近年の葬儀事情を見てみると、昔に比べて多様化してきました。

今日の葬儀には様々な形式が見られる

さまざまな葬儀スタイル 近年の葬儀事情を見てみると、昔に比べて多様化してきました。以前は知人や親戚一同が集まってお通夜や本葬、告別式をするのが一般的なスタイルでした。しかし生き方が多様化した現在では、葬儀のあり方も変化してきて様々なものが見られるようになってきました。それらはどの形式も故人の意向を大切にし、尊重したものとなっています。

中でも最近多いのが家族葬です。これは身内だけで行う形式で、一般会葬者は参列せずに主に家族を中心に行われ、身内だけで静かに故人を見送りたいという場合に適しています。一人暮らしの高齢者など一般の参列者が少ない場合も、この家族葬が行われることがあります。それから家族葬と同じく、最近増えているものに直葬があります。これはお通夜や告別式は行わず火葬のみを行うもので、宗教との関わりは少なくなります。火葬のみなので費用が安く抑えられるという特徴もあります。

このように近年では小規模に行われる傾向にありますが、もちろん昔から行われてきた形で行うケースも依然多く見られます。また会社の会長や社長が亡くなった場合は、会社が主催して行う社葬が行われることもあります。その他、宗教色を出さない無宗教葬など、様々な形式が見られるのが今日の葬儀の特徴となっています。

おすすめリンク