さまざまな葬儀スタイル

20代後半を過ぎるころから、徐々に葬儀に参列する機会が多くなります。

急な葬儀にも対応できるよう、クローゼットには礼服の準備を

さまざまな葬儀スタイル 20代後半を過ぎるころから、徐々に葬儀に参列する機会が多くなります。とくに30代半ばくらいからはかなり葬儀の機会が多くなるので、いつでも急な葬儀に対応できるように礼服や数珠などを準備しておくことが大切です。男性は黒のスーツなので、どれを選んでもあまり外れることはありませんが、女性の場合はスカート丈などに注意が必要です。ときどき、色は黒だけど膝が見えるようなミニ丈の女性を見かけることがありますが、さすがにこれは葬儀の場にはふさわしくありません。いくら若くてスタイルに自信があっても、葬儀の場には膝が隠れる丈を選びましょう。

ストッキングは肌が少しすける黒で薄めのものを選ぶのが正解です。ただ冬の葬儀などの場合には、もう少し厚めのタイツに近いものでもいいかもしれません。バッグは、金具が付いていないもので、合皮のものを選びましょう。本革は、葬儀には御法度と言われています。髪は地味な色のゴムで束ねたり、バレッタで止めるなどすっきりさせると良いでしょう。メイクは薄めにして、マスカラやつけまつげなんかは付けない方が無難です。葬儀の連絡は急に入ってきます。焦らないように、礼服やバッグはクローゼットの中にセットでしまっておくと良いでしょう。