さまざまな葬儀スタイル

葬儀などの喪主は、普段の生活の中で非日常的な行事であり、自分が長男、長女でもない限り、あまり経験する事は少ないかも知れません。

葬儀までに様々な取り決めを解決させる

さまざまな葬儀スタイル 葬儀などの喪主は、普段の生活の中で非日常的な行事であり、自分が長男、長女でもない限り、あまり経験する事は少ないかも知れません。それが女性なら長女であっても尚更、様々な段取りや取り仕切りは、後継ぎであったり社会経験も豊富な配偶者に任せてしまう事も多いでしょう。でも、お金の管理だけはしっかり口を挟んでおく必要があるでしょう。

葬儀が終わって、初七日、四十九日、初盆と、その人の仏事事は、約一年近くぶっ通しで続きます。さすがに初盆を過ぎると、仏壇をどうするかなどの話もいい加減具体的な方向で動き出さなくてはいけません。今の世の中、実家の稼業を継ぐ人もそうそう少なく、独立したサラリーマン家庭が多い時代ですから、お墓や仏壇を継承していく人にはそれなりの敬意を払う必要もあるでしょう。

お墓や仏壇を受け継ぐと言う事は、それを維持していく費用や、仏壇を部屋に設置する工事費として初期費用もかかってきます。故人の遺産を配当する前に、きちんと誰がどの様に仏壇を管理して行くかを話し合ってから、見て行く兄弟姉妹には、今後のランニングコストも見越した金額を遺産の一部に上乗せして相続させていく義務があるのではないでしょうか。葬儀とは故人を偲ぶ式ですが、それだけではなく、様々な事を取決め、締結させていくリミットでもあります。

おすすめリンク