さまざまな葬儀スタイル

生前功績のあった人のお葬式は、壮大に行われるのが普通です。

葬儀には多くの人が関係してくる

さまざまな葬儀スタイル 生前功績のあった人のお葬式は、壮大に行われるのが普通です。冠婚葬祭が華やかに行われるのは古くからの慣わしで、宗教的な面から見ても、習慣的な面から見ても自然なイベントでしょう。葬儀には多くの人が関係しており、遺族や友人、仕事上の関係者や恩を受けた人など、故人とつながりのあった人が参列します。このイベントは何が失礼で何が礼儀にかなっているかなど細かいしきたりがあり、それに反しない行動が求められます。

香典などはポピュラーですが、袋の宛名の書き方など、細かい部分で失礼がないよう注意が必要です。これらは業者からも丁寧に教えてもらえるので、遺族が困ることはないでしょう。お葬式に関わる人は業者の他にもたくさんいて、火葬場においても専門の業者が遺体の処理もすべて行ってくれます。たいていはお寺に納骨しますが、最近は散骨なども行われています。

参列者がたくさんいる葬儀もあれば、家族だけで行われるケースもあります。故人の遺言次第で式の規模は大きくもなり、小さくもなるわけです。遺族はその意思をしっかりと読み取り、故人と関係のあった人との縁を維持しながらけじめをつける必要があります。そのためには、日ごろからお葬式関連の知識を多少は身につけておくのが肝要です。

おすすめリンク